複雑化する国際情勢の下、中小企業はどうするべき?...

2017-07-02

パーソナルビジネスブレインズ新井です。
メルマガのご購読ありがとうございます。

★複雑化する国際情勢の下、中小企業はどうするべき?

複雑化する国際情勢。日本は学園問題ばか
りで平和ですが、その裏で次の混乱の火種
が燻っています。

━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥
★はちべえ博士と助手の国際ビジネス談義
 が始まりました。
━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥

◇博士、北朝鮮問題は、日本の中小企業の
 貿易には影響ありますか?

◆物資が流れないように管理するという意
 味での、安全保障貿易管理があるので、
 影響はゼロではないな。
 
◇韓国との商売についてはどうでしょう?

◆おー、そっちか。新しい政権が発足した
 ばかりだし、様子を見る必要はありそう
 じゃのぅ。

◇中国はどうですか?

◆ふむ。チャイナリスクは今に限ったこと
 じゃない。常にリスクじゃよ。

◇銀行の制裁などもありますよね。

◆ふむ。丹東銀行じゃな。だが、そのよう
 な部分的なものは、全体には影響はない
 じゃろうな。ただ・・・

◇ただ?

◆イギリスのブレグジット決定からすでに
 一年が経つわけじゃが、世界情勢はいく
 ら待って様子を見ていても落ち着くこと
 がないことは確かじゃな。

◇もう一年経ちましたね。早いですね。

◆トランプ政権が誕生して、ロシア、中東
 もさらに混乱とリスクが拡大しておる。

◇不透明、不確実なことばかりですね。

◆そうじゃ。香港が中国に返還されて20年
 になるし、今後どうなっていくのかも揺
 らいでおる。サウジも改革が急速に進ん
 でいるようじゃが、社会が不安定化する
 恐れもある。

◇具体的に日本企業はどのようにリスクに
 そなえるべきでしょうか?

◆政策の大転換があり得て、読めない時期
 だけに判断は難しい。しかしいくら待っ
 ても好転するタイミングは来ない。

◇踏ん張りどころですね。

◆まぁ、中小企業に関して言えば、単独で
 の動きを控えることじゃ。行政や現地に
 詳しい専門商社、現地企業と連携して、
 事業をすることじゃな。
 

海外案件紹介のお手続きはこちら

海外営業パーソン必読のメルマガを発行しています。
国際ビジネスをわかり易く解説しています。

海外ビジネスメルマガ

point 海外営業・時事コラム

point メルマガ・バックナンバー

Copyright(c) Personal Business Brains All Rights Reserved.