個人が輸入ビジネスを始める際の注意点~小口輸入・個人輸入の違いなど...

2015-05-15

最近は円安傾向で、どちらかと言えば輸出取引の方が勢いがある感覚がありますが、個人事業主の方や、副業サラリーマンを中心に、海外から商品を輸入して日本国内で販売する、主にヤフオクやAmazonなどを利用した転売ビジネスも盛んになっています。もちろん、個人に限らず、中国や東南アジア諸国で製品を生産して、日本で転売をしている、法人が経営しているネットショップなども、たくさん存在しています。
 

税関
 

日本では、原則的に海外から商品を輸入して、自由に販売することができます。但し、何でもやって大丈夫ということではありません。輸入することが禁止されている物もあれば、輸入はできるけれど許可が必要であったり、検査が必要であったり、様々なルールが定められていますので、事前に確認してください。

輸入ビジネスを始める際には、まずどのような商品を輸入するのかを決めなくてはなりません。そして、商品が決まったら、その商品が輸入して大丈夫な物なのか、規制がないかどうかを確認する必要があります。

輸入できないものとしてどのような物があるかと言えば、「関税法」に基づく輸入禁制品、例えば、麻薬や拳銃、ポルノなどがあり、その他にも、「外国為替及び外国貿易法」による輸入規制品、そして、ワシントン条約で保護されている動植物などにも規制があります。

それら以外にも、「食品衛生法」「薬事法」「植物防疫法」「家畜伝染病予防法」などの様々な国内法令により、検査が必要であったり、輸入が制限されているものが多数ありますので、必ずチェックをしてください。

チェックの方法は、税関に問い合わせをするのがいちばん簡単です。税関のホームページには、すべての情報が記載されています。それらを見ても理解できない場合には、『税関相談官』に相談することもできます。
 

point 小口輸入とは何か?

小口輸入とは、Amazonでの輸入販売などがそれにあたりますが、いわゆる『個人輸入』とは違います。個人輸入は、その商品を自分で使うことが前提になっています。対して小口輸入は、『第三者に転売(販売)することが目的で少量を輸入する』という意味になります。販売することが目的なので、輸入者として様々な責任が生じます。

小口輸入はとてもお手軽なので、個人の副業や主婦のお小遣い稼ぎなども含めて、急速に普及し始めています。主にEMSを利用し、クレジットカードやPAYPALを利用して支払えば、個人でもそれほど負担なく始めることができるからです。

海外のショッピングサイトには、日本国内での販売価格と差がある商品が散見されます。それらをリサーチし、輸入転売するのがこのビジネスの特徴です。e-bay、amazon、タオバオ、様々なサイトで日本人バイヤーがリサーチ競争を繰り広げています。

輸入時には、特に中国からの輸入ともなれば、品質や納期の管理は困難を極めることも予想されますが、それでも、現地の企業と提携をして、あるいは現地の企業と提携している日本企業と契約をして、小口輸入を行う人も増えています。
 

point 小口輸入と個人輸入は何が違うのか?

『個人で輸入するものは個人輸入』と勘違いしている方が多いのですが、販売目的で輸入をする場合には、少量であっても業務輸入となります。それを小口輸入と呼びます。繰り返しになりますが、小口輸入は販売目的での取引、個人輸入は自分で使うことを目的とした購買、ということになります。小口輸入はあくまでも、様々な法規制の対象となる輸入業務です。個人輸入で輸入したものは、第三者へ販売したり、配布したりすることは、原則として認められていません。

小口輸入で輸入され、転売される商品に関しては、輸入時に様々な法規制に基づく手続きが必要になります。商品によっては、事前の許可や届け出が必要であったり、輸入ごとに毎回承認が必要な商品もあります。これらは税関で確認しください。さらに、日本国内での販売時には、義務付けられた表示をしなければならない商品もあります。

特に注意する必要があるのは、製造物責任法(PL法)です。PL法はメーカーに対して規制をする法律ですが、輸入品に関しては輸入者が日本でのメーカー扱いになります。つまり、何かが起こった際には、輸入者が賠償責任の義務を負うことになりますので、万一に備えて『PL保険』に加入しておくなどの対策をたてておきましょう。
 

海外案件紹介のお手続きはこちら

海外営業パーソン必読のメルマガを発行しています。
国際ビジネスをわかり易く解説しています。

海外ビジネスメルマガ


point 海外営業・時事コラム

point メルマガ・バックナンバー

Copyright(c) Personal Business Brains All Rights Reserved.