インコタームズの知識

インコタームズとは国際商工会議所(ICC)が定めた貿易取引条件で、輸出入当事者の商習慣や用語等の解釈の違いにより誤解が生じないよう取り決められた国際規則で、現状ではFOBC&FCIFが最も多く利用さています。しかしながら、時代の移り変わりと共に、定期船の多くがコンテナ化してきていることから、従来の在来船を対象にした取引条件FOB、C&F(CFR)、CIFから、新しくFCACPTCIPが定められ移行しています。
 

point FCA ※運送人渡(従来のFOB)

輸出通関は売主が行いますが、指定された場所(CYやCFS)や買主によって指定された運送人に物品を引渡した時点で費用負担と危険負担は移転します。引渡しが売主の施設で行われる場合には売主は積込みの責任を負います。引渡しが他の場所で行われる場合には売主は荷おろしの責任は負いません。
 

point CPT ※輸送費込(従来のC&F)

指定仕向地まで輸送するために必要な運送費込みの運送人渡条件です。輸出通関は売主が行います。危険負担はFCA同様、売主指定の運送人に物品を引渡した時点で移転します。物品の引渡し以後は、一切の危険と発生する費用を買主が負担することとなります。
 

point CIP ※輸送費保険料込(従来のCIF)

指定仕向地まで輸送するために必要な運送費・保険料込みの運送人渡条件です。輸出通関は売主が行います。危険負担はFCA同様、売主指定の運送人に物品を引渡した時点で移転します。物品の引渡し以後は、一切の危険と発生する費用を買主が負担することとなります。

最後に、新旧取引条件の大きな違いは危険負担にあります。FOB、C&F(CFR)、CIFを使用する場合は、運送人に貨物を引渡した後も本船の欄干を越えるまでの危険負担が売主に残ることを認識しなければなりません。
 

Copyright(c) Personal Business Brains All Rights Reserved.