日本企業・海外営業部

海外営業への転職をお考えの皆様が知るべきこと、それは、海外との取引があるからと言っても、全ての会社で国際的な仕事と実感できるとは限らないということです。どんな企業でも同じことが言えますが、経営トップやそれに近い層の理解と決意が、企業風土に対して何より大きな影響力を持つことになります。国際感覚の疎い中小企業で働く海外営業部員はつまらないストレスを抱えていることも少なくありません。理解してもらえない感情。海外営業部には周囲への国際感覚の啓蒙活動という仕事も含まれるのです。
 

point 転職先の会社はどう?基本的な考え方・理念

○ 人間重視
○ 家族主義
○ 集団・公平・結果平等主義一般的な人事
○ 終身雇用慣行(特に事情がない限り雇用が続く暗黙の契約)
○ 年功序列(地位や賃金の逆転を避ける傾向)
○ 内部労働市場(内部で教育し、会社好みの人材に育てる)
 

point 転職時にはチェック!海外営業部門の一般的な特徴

○ 忍耐・辛抱
○ 滅私奉公
○ 忠誠心
○ 残業・短い休暇
○ 情報の共有を目指す
○ 長期的人事評価
○ 遅い昇進
○ 内部教育訓練
○ 男女処遇差
○ 非正社員との処遇差
○ ホワイトカラーとブルーカラーの同一処遇
○ 新卒採用
○ 転勤

実は多くの中小企業の海外営業部は、このような普通の日本企業の一部門です。そうでない会社もたくさんありますので、海外営業部への転職を目指されるのであれば、事前にしっかりチェック、自分にどんな社風が合うのか、しっかり見直しておくことが大切になります。
 

point 転職先が自分と合うかどうか

上に挙げたような風土が悪いと申しているわけではありません。転職先が自分と合うかどうかです。会社が自分を長期でじっくりと育ててくれる、「立場が逆転しないという安心感からこそ、上司がノウハウを伝えてくれる」といったような良い面もたくさんあるのです。皆さまはどんな会社で働きたいのでしょうか、転職するならどこにポイントを置くのでしょうか?
 

Copyright(c) Personal Business Brains All Rights Reserved.