タイでは北海道がブーム!B級グルメが世界を目指す時代

発展の目覚ましいタイでは、質の高い商品やサービスの人気が高まっています。その時代背景を味方につけ、様々な日本企業が進出しています。今、タイではどのような高品質が求められているのでしょうか?

バンコクでは日本式のサービスが大人気です。日本企業ならではの行き届いた細かなサービスがタイの人々に支持されています。

日本企業がタイに進出する方法は、主に3つあります。1つは単独での出資、もう1つは現地企業との合弁、もう1つはフランチャイズによる進出です。

アパレルのコナカは、単独での出資によるタイ進出で成功した事例のひとつです。日本のスーツ文化をそのままで現地に持っていけるということで、敢えて単独で挑戦しています。

実際、タイにはスーツの専門店はほとんどありません。そういう意味では有利なのかもしれませんが、そもそも暑い国なのでスーツを着る習慣がありません。ただ、日本人駐在員がとても多い国なので、一定の需要があるのでしょう。また、オシャレに敏感な現地の若者に、夏仕様のスーツを「ファッション」として売り込む狙いも的中しているようです。

一方で、タイの現地企業と提携して多店舗展開をする店もあります。ラーメンの花月嵐(グルーピート・ジャパン)などがそうです。

フランチャイズにしても、現地企業との合弁会社の設立にしても、海外に進出する際には現地のパートナー選びが非常に重要になってきます。

例えばタイでは、日本の北海道がブームになっています。北海道のお菓子やデザートなどは、タイでとても人気があります。スープカレーも大注目です。最近では、たくさんのタイ企業が北海道を訪れ、提携先の開拓を行っています。信用できるよいパートナーが見つかるとよいですね。

ローカルの名産品がネット通販で日本全国に売られるようになりましたが、これからはB級グルメまでもが、これからは世界を目指す時代になっています。

地元色が強い方がかえって海外に持ち出しやすいということも言えますね。地域産業うまく生かした商品サービスほど優良なパートナーを引き寄せるでしょうし、これからの海外進出の狙い目でしょう。