若者に強い会社は、東南アジアに進出した方が良い理由

中国の減速が懸念されていますが、やはりまだまだ成長市場はアジア。

特に東南アジアは平均年齢が20代の国ばかりで、日本の中小企業にとってずっと注目の的ですね。日本で若者に強いマーケティングができる会社は、どんどん東南アジアに進出した方が良いと思います。チャンスがいっぱいです。

例えばインドネシアやタイはフェイスブックが普及し、日本人の若者とそんなに変わらない感性を持つ人も増えてきています。これまでの日本の製品は海外で売れないというガラパゴスが、今後は展開が変わってくるかもしれません。積極的に海外のパートナーと協議し、新たな戦略を作る時です。

では、いわゆる外資系企業にとって進出しやすい国とは、一体どこなのでしょう? ランキングを見ると、1、3位はアジアの代表であるシンガポール、香港。マレーシア18位、タイは26位、インドネシアは224位ですね。

1位シンガポール
2位ニュージーランド
3位香港
5位韓国
7位米国
8位イギリス
14位ドイツ
18位マレーシア
26位タイ
29位日本
31位フランス
49位サウジアラビア
56位イタリア
62位ロシア
90位中国
114位インドネシア
120位ブラジル
177位ミャンマー
188位リビア
189位エリトリア

出所:Doing Business 2015 International Financial Corporation